不動産取得・登記

【不動産取得】古民家を購入する時に気を付けた13のこと

語るあき
語るあき
古民家を購入するときにどんなことに気を付けたっけ?
語るさき
語るさき
もちろん初めてのことだったからいろんな人に相談したよね。

古民家を購入したいと思ったとき、どんなことに気を付けて購入すればいいか悩みますよね。一般的な住宅とも違うし、どこに注目すればいいのか分かりづらいです。

ということで、実際に古民家をゼロから探し始め、無事に物件取得できた筆者らが解説をしてみます!

この記事では、私たちがはじめて古民家を購入したときに、どのようなことに気を付けたか?を具体的に13点にしぼってご紹介しています。専門家としての視点ではなく、いろんなことをgoogle検索したり、友人や知り合いに頼ったりしながら物件購入を決断するまでの、リアルな軌跡になっています。

これから古民家購入をお考えの方の参考になりますように!

物件見学前に考えていたこと

【1】予算

予算については話し合わないといけない大切な要素ですよね。

「頭金」はいくらまで出せるのか、残りを「住宅ローン」にすると思いますが、毎月の返済額やボーナス払いをどうするのか考えておく必要があります。

【不動産取得】住宅ローンの比較と返済シミュレーション~融資実行までの流れそういえば住宅ローンって何から始めればいいの?新築や中古物件の購入に見当がついてきたら、考えないといけないのが住宅ローンですよね。でも住宅ローンって人生で何度も組むことはないし、まずはひと通りの流れや注意点を把握しておきたい!そこで実際に住宅ローンを組んだ筆者が、知識ゼロの人でも分かるように解説します。この記事では、まず初めにやるべき返済シミュレーションの概要、返済方法の種類、事前審査、本審査、融資実行までの流れ、気を付けたいポイントをご紹介しています。これで住宅ローンを視野に入れた時にやるべきことが見えてきますよ!...

【2】暮らし方・働き方

古民家を購入するにあたって、暮らし方や働き方が大きく変化すると思われます。夫婦でよく話し合って、これからのライフプランについて話し合いましょう。

語るあき
語るあき
通勤時間が1時間かかるようになったよ!
語るさき
語るさき
普段から車を使わないとどこにも行けなくなったし、家事の時間も増えたなあ。
【移住の準備】生活はどう変わる?都市と田舎の違い25選田舎暮らしを始める前に、実際暮らしている人の生活ぶりやライフスタイルを除いてイメージを湧かせられたらいいですよね。そこで、実際に人口3.4万人の田舎町に住む筆者が解説してみます!この記事では、都市部生まれ・育ちの筆者が結婚をきっかけに田舎町へ移住してきて感じた違いを25個に分けてご紹介しています。どれも生活しているなかでふと感じたことなので個人差があると思いますが、なにか参考になれば嬉しいです。これで田舎と都会の生活の違いが少しでも伝わりますように。...

【3】活用方法

古民家を購入しようと考えている人は、すでに理想の暮らしや活用方法があると思います。具体的にどのように活用するのかについて、【2】とともに夫婦で話し合いましょう。

家庭菜園をしながらカントリーライフを過ごしたい方もいれば、周りの風景が広々として自然豊かであることを求めていたり、もしくは私たちのように民泊など事業の要素も合わせたいと考えている方もいるかも知れません。

語るあき
語るあき
我が家の敷地は広かったけど、土壌が粘土質だったから家庭菜園には不向きだったよ。
語るさき
語るさき
部屋数が多くて民泊するのに十分な広さだったね。
【民泊】ニューノーマル時代に民泊が活用されると感じた理由リモートワークが進んだこれからの時代、民泊はどのくらい活用されるようになるんだろう?「働き方改革最前線winter~ニューノーマル時代に取り組む真の働き方改革とは~」という題で開催された、2020年12月15日の「日経電子版オンラインセミナー」では、コロナ前からリモートワークに取組んでいる「さくらインターネット」の取締役である前田章博氏の基調講演のほか、リモートワーク導入をサポートする5つの企業からの報告がされました。これらの講演は、企業がどのようにリモートワークを推進するかという視点で話されてはいましたが、この記事では、民泊運営者の視点から、これからの時代の民泊活用や、リモートワークについてお伝えしたいと思います。これから民泊を始めるのってどうなの?と思われている方にとって、一歩を踏み出すひとつのきっかけになってくれたら嬉しいです!...

物件について確認したこと

語るあき
語るあき
不動産を見学するとき、不安だったから電気工事に詳しい知り合いに一緒に来てもらったよ!
語るさき
語るさき
購入前には、リフォームをお願いする予定の建築士さんに物件について確認してもらったね!

【4】雨漏り

天井に水がしみた跡がないか確認しましょう。

雨漏りした形跡がある場合、軽微な修繕で改善できるものなのか、瓦を葺きかえるほどの大がかりな工事が必要になるのか、その程度を専門家の方(リフォーム業者など)と相談しましょう。

【5】シロアリ

シロアリは、アリの仲間というよりも、ゴキブリに近い昆虫です。植物食で木造家屋などに棲みつき木材などを食べてしまいます。

物件購入前にはシロアリがいないかを確認し、購入後には防除措置を行うことがおすすめされます。

【6】断熱性

古民家の断熱性については期待できません。特に冬場は寒く、暖房費用もかさみます。そのため、断熱性がどの程度あるかについても確認しておきましょう。

語るさき
語るさき
冬場にガスの暖房器具を使いたい場合は、「ガス栓」が付いているかも要チェックだね!なければガス工事が必要になるよ。
【寒さ対策】これで乗り切った!古民家でやっている防寒対策17選憧れの古民家暮らしを始めても、寒くて暮らしを楽しめなかったらもったいないですよね。あらかじめどんな防寒対策があり得るのか知っておきたいところ。そこで、古民家暮らしをしている筆者が実際に行っている防寒対策を解説します。ちなみに筆者は「寒い」という形容詞が最も苦手なくらい寒さアレジーです。この記事では、家に工夫を施す方法、家電製品を活用する方法、衣類と体に工夫を施す方法の三つに分けて防寒対策をご紹介しています。これで厳しい冬を乗り切ることができます!...

【7】耐震性

古民家などの築年数が50年を超える建物は耐震構造になっていない可能性が高いです。

そもそも、1981年以降に建てられた建物は新耐震基準に基づいていますが、それ以前は旧耐震基準に基づいており、古民家の建築構造も自ずと新耐震基準を満たしていない可能性があります。

購入前には、耐震補強が必須になるか確認しておきましょう。

語るあき
語るあき
我が家は、立派な柱と梁で、過去の震災でも被害をほとんど受けている様子がなかったから、安心したよね。

【8】上水道

上水道とつながっているか確認しましょう。

上水道(すなわち水道)についてですが、これまでは井戸水を使っていてつながっていない可能性があります。つながっていない場合は、上水道接続にどのくらいの費用が掛かるか確認する必要があります。

また井戸水を継続して使う場合は、しばらく使っていなかったポンプは動かなくなっている可能性があるので確認が必要です。さらに水質検査を行い飲料可であることを確認することをおすすめします。

【9】下水道

下水道とつながっているかも同様です。地方の場合は、浄化槽を使用しているエリアも多くあります。

浄化槽のエリアの場合、現在の浄化槽が使えるか、使えない場合交換にどのくらいの費用が掛かるか、自治体による補助制度があるか確認しておきましょう。

【ライフライン】下水道がない地域に住むとどうなる?浄化槽とは地方移住を検討する場合、その地域に下水道がないことがあります。もしそうなった場合、その物件はやめた方が無難なのでしょうか?それとも代替案があって、それで十分快適に過ごせるのでしょうか?分からないことが多いですよね。そこで、実際に下水道がない地域に暮らす筆者が解説します!我が家では下水道がない代わりに「浄化槽」と呼ばれるものを自宅の敷地に設置しています。この記事では、下水道がない地域の汚水処理はどうなっているのか、浄化槽の概要、浄化槽を使う上での注意点、浄化槽の維持管理は誰がするのか、下水道がなくて困ったこと、をご紹介しています。これで下水道がないとどうなるか、理解が深まりますように!...

【10】掃除をすれば使えるのか

物件を見るときに、自分たちで掃除すれば使えるようになるかについては、専門家ではなく自分たちで判断する必要がある重要な要素です。

掃除だけで使えるか、どのくらいリフォームをする必要があるか、夫婦で話し合いましょう。

語るあき
語るあき
私たちは、キッチンとリビングの接続が悪かったため1か所壁を抜いて、水回りを中心にリフォームをお願いしたよ。
語るさき
語るさき
主に民泊に使用している部屋はそのまま。念入りに大掃除するだけで十分だったよ。

【11】周辺の環境

周辺にどのような施設があるのか確認することも、不動産購入で重要ですよね。

普段の買い物はどこに行くのか、病院学校は近くにあるか、職場までの距離はどのくらいか……普段の生活をイメージして周囲の環境について確認しましょう。

【移住の準備】田舎・地方とは?ブログ運営者の生活基盤を紹介田舎とか地方って具体的にどういう場所のことを指すの?定義があるの?ブログ内でたびたび登場する「田舎」や「地方」という言葉。どちらも幅広い意味で捉えることができると思いますが、実際は具体的な言葉の定義があるのでしょうか?気になりますよね。そこで、いわゆる田舎や地方と呼ばれる地域に住む筆者が解説します。この記事では、田舎の定義、地方の定義、筆者が住む地域の様子をご紹介しています。これで「田舎」「地方」という言葉の使い方や意味が分かるようになりますよ!...

【12】事故物件ではないか

万が一のことを考えて、事故物件ではないかについても気になりました。いわゆる事故物件には告知義務があるものもあり、その場合「心理的瑕疵」と表記されています。

不動産を販売する担当者さんも、プライベートなこともあるので前の居住者についてはあまり教えてくれないと思いますが、以前はどんな人が住んでいたか?等それとなく聞いてみても良いかもしれません。

物件購入前に、近所の方にご挨拶も含め、お話を伺いに行く人もいるようです。

【13】もしも将来立て替えるとしたら

購入する不動産について将来立て替えを検討する場合、要注意です。理由は、建築基準法など法令上の制限により、建て替えが出来ない物件や条件が必要になることがあるからです。

不動産を販売する担当者さんや宅建士さんに、建て替えや大規模リフォームが可能な物件か事前に伺っておきましょう。

まとめ

語るあき
語るあき
古民家を購入するときは、ワクワクするけど、気を引き締めて考えないといけないことはたくさんあるね。
語るさき
語るさき
後悔しないように、調べて、話し合って、納得できる物件を探さないといけないね。

今回は、古民家を購入したときに私たちが実際に気を付けたことをまとめてみました。

あたりまえのことですが、家を買うのは初めてのことでした。そのため、専門的な知識を持っている知人にも助けを求めながら、購入を決断しました。

古民家は、市場にたくさん出回っているものではないので、決断するタイミングも重要になってくるかもしれませんが、じっくりと事前調査も必要だと思います。大切な決断だと思いますので、多くの視点で、かつ客観的な意見を取り入れながら決めてほしいと思います。

この記事が、少しでも古民家を購入する際の参考になると嬉しいです。

こちらもおすすめ