山羊日記

【山羊日記】近所のヤギが遊びに来たので、もし多頭飼いになったら?を考えてみた

気になるそうしゅう
気になるそうしゅう
もしうちでヤギを多頭飼いしたらどうなるだろう?ヤギの性格は変わってしまう?

先日、近所の子ヤギがうちまで遊びに来てくれました。生後約5カ月の生まれたてでとってもキュートでした。

うちのヤギたちにとっては、子ヤギと対面するのはこれが初めてです。どうなるかなー?と思っていたところ、これまで見せたことのない意外な姿を見ることになりました(驚き)!

普段は双子の二頭で穏やかに暮らしている分、他のヤギがやってくるとそれなりに警戒するみたいですね。

ということで、我が家に近所の子ヤギが遊びに来た日のことをご紹介してみます。

具体的には以下の段落(子ヤギが遊びに来た、うちのヤギの反応、もし多頭飼いになったら?)に分けて解説をしていきます。

この記事が、多頭飼いの良し悪しについて考えるきっかけとなりましたら幸いです!

子ヤギが遊びに来た

先日、同じ町に住む子ヤギが遊びに来てくれました!

遊びに来てくれた子ヤギちゃん

母ヤギはお留守番ということで、双子の子ヤギ(合計二頭)が軽トラに乗ってやって来ました。オスメス一頭ずつです。

生後約5カ月ということで、体はまだ小さく、角も生えたて、といった感じです。歩き方もまだぎこちない様子で、本当に「子供だ!」という印象を受けました。

語るそうしゅう
語るそうしゅう
わたしも生後半年以内の子ヤギを見るのは初めてだったので、小ささが可愛くてきゅんきゅんしました~。

母ヤギは白いシバヤギさんですが、子供たちはお洒落な柄が入った体毛です。

父ヤギは雑種だそうなので、もしかしたらお父さん似なのかな?見た目は我が家で飼っているトカラヤギに似ていました。

遊びに来てくれた子ヤギちゃん

子ヤギちゃんのメスの方は頻繁にメエメエ鳴いていました。まだ高い鳴き声なので、新鮮な感じがありました。オスの方はほとんど鳴かなかったので、メスより自立が早いのかもしれません。

さてさてこんな子ヤギちゃんたちですが、我が家のヤギたちは対面後どのような様子になるのでしょうか!?

うちのヤギの反応

メス/アンディ(概ね嬉しそう)

まずメスのアンディは、全体的に嬉しそうにしていました。

語るそうしゅう
語るそうしゅう
アンディは優しい頭突きで挨拶するし、遊びたがる感じ!

最初は震えて怖がっていましたが、すぐに打ち解けてお互いの体の臭いをくんくん嗅いだり、興味津々という様子でした。

その後もしばらく一緒に散歩をさせてみたのですが、終始問題なく同じ空間で過ごしていましたね。まさかお母さん的な気持ちが芽生えたのか!?

オス/フランク(概ね不服そう)

続いてオスのフランクは、全体的に不服そうにしていました。

語るそうしゅう
語るそうしゅう
子ヤギに向かって喧嘩を仕掛けたり、子ヤギに注目が集まると嫉妬して間に割り込んだり。

特に子ヤギであってもオスの臭いはやっぱりあるみたいで、オスには当たり方がキツかったですね。何度も強めの頭突きで威嚇していました。

攻撃されたオスの子ヤギはと言うと、「何が起きたの!?」と言わんとばかりに呆然としていました。自分のツノで相手からの頭突きをかわすことは本能で分かるみたいで、咄嗟の対応は見事でした。

普段はのほほんと甘えん坊さんで、穏やかな性格のフランクなだけに、正直「こんな一面もあるのか」と非常に驚きました。

もし多頭飼いになったら?

今回の体験を経て、もしうちでヤギを多頭飼い(二頭以上の群れで飼う)したらどうなるだろう?ということを考えてみました。

語るそうしゅう
語るそうしゅう
率直に言って、多頭飼いはやや尻込みするなあ。

理由は以下です。

  • ヤギの性格が変わってしまいそう(?)
  • 人間関係ならぬ「ヤギ関係」を見ているだけで疲れそう(?)
  • 「ヤギ関係」の仲裁に巻き込まれそう(?)

実際に多頭飼い(二頭以上で飼う)を経験したことがないので、的外れな不安かもしれません。

それでも今回、いわば別の群れとも言える子ヤギちゃんたちとの対面の様子を見て、これまでの性格が変わってしまいそう、と思ったのも事実です。

内澤旬子さんのエッセイ本『カヨと私~小豆島でヤギと暮らす』の中でも、ヤギ同士の仲が悪くなったり、良くなったり、嫉妬したり、仲間はずれができたり、と様々な「ヤギ関係」にまつわる苦労話が紹介されていました。

ですので、あながち間違ってはいないんじゃないかな~、方向性としてはあってるんじゃないかな~と思います。

『カヨと私』については以下の記事で紹介しています。

【山羊日記】内澤旬子の本『カヨと私~小豆島でヤギと暮らす』を読んでみた文筆家、イラストレーター、イラストルポライターなど様々な肩書を持つ内澤旬子さん。これまで世界各国を旅して独特の視点で現場を取材し、緻密なイラストとともにたくさんの書籍を世に送り出してきました。そんな内澤旬子さんが、2022年7月に小豆島でヤギと暮らす様子を描いたエッセイ本を出版されたようです!一体どんな内容なのでしょうか?これからヤギを飼おうと思っている人、あるいはすでにヤギを飼っている人にとっては気になりますよね!ということで、この記事ではヤギ飼いの筆者が本の概要と、読んで感じたことをまとめてみました。結論を言うと、ヤギを飼っている筆者目線で言えば、共感と勉強の嵐で非常によかったです!おすすめです。...

今はヤギと家族のように仲良く過ごしていますが、多頭飼いをしたらヤギのコミュニティがしっかりと形成されて、わたしたち人間とは今とは異なる距離が出来てしまうような気もします。

語るそうしゅう
語るそうしゅう
もちろんヤギがたくさんいる風景も憧れるけど、まだためらいも大きいというのが率直な感想です。

そういう意味で、多頭飼いを検討している方にとっては、内澤旬子さんの本は非常に参考になると思いますよ。

ノウハウ本ではなくエッセイ本となりますが、実体験に基づく貴重な出来事が収録されています。

created by Rinker
¥2,200
(2022/10/02 13:17:12時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

語るそうしゅう
語るそうしゅう
子ヤギちゃん、とっても可愛かった~。それにしてもオス同士は大人も子供も関係なく、喧嘩をする可能性があるんだなあ。

ここまで子ヤギが遊びに来た話と、それを受けて多頭飼いについても簡単に考えてみました。ではまた。

ABOUT ME
そうしゅう
▼インフラ・金融業界勤務を経て婚姻→湖畔の古民家へ移住 ▼2020年~夫婦で民泊運営(主に経理、広報、予約担当)▼【得意】ヤギの世話、書くこと【苦手】ムカデ、寒さ
こちらもおすすめ