民泊

【民泊】時系列で解説!運営検討~受け入れまでに必要な10の準備

困ったさき
困ったさき
民泊を始めたいけど、どんなステップがあるのか大体のスケジュールが知りたい……!

自宅の空き部屋や空き家を利用し、民泊として活用するケースが増えてきたようです。適切な方法で届出をし、許可が下りればairbnbなどの宿泊サイトに登録することもできます。でもやりたいと思ってもどんな準備が必要なのか、大体のスケジュールはどうなのか、事前に知っておきたいですよね。

そこで、実際に民泊運営を始めた筆者が、民泊を始めるまでの大まかな流れを解説します。

この記事では、運営開始に関する一連のスケジュールをご紹介しています。

これで民泊を始めようか迷っている段階~実際に宿泊客を受け入れるまでの流れが把握できるようになりますよ!

【1】民泊新法について知る

まず民泊を始めるにあたって、民泊新法について知っておくことをおすすめします。

民泊は宿泊業にあたりますが、宿泊業にも種類がいくつかあります。そのため本当に自分がやりたいことが民泊なのか、あらかじめ確認しておくといいと思います。

民泊新法については以下の記事で詳しく解説していますので、ご覧下さい。

【民泊】民泊新法って?ゲストハウスと違う?民泊の始め方と必要書類民泊をやってみたいけど実際どんなことを把握していればいいのだ……?準備するものってなんだ?外国人観光客の増加や、国内旅行者の嗜好の変化などの理由から「民泊」が注目されています。しかし「民泊」といっても、「旅館業法」「民泊新法」という異なる制度で分類されていますし、分かりにくいですよね。さらには「ゲストハウス」という言葉もよく耳にします。それぞれの違い、知っておきたいですよね!そこで、自宅の空き部屋を活用して、実際に民泊を始めた筆者が民泊の基礎知識について解説してみます。この記事では、民泊の種類、始めるにあたって知っておきたいこと、申請に必要な書類、をご紹介しています。これで、空き部屋を使って民泊が始められますよ~!...

【2】届出に必要な書類を確認する

民泊の仕組みを理解したあとは、実際に届け出の準備に入っていきます。

届け出先は、民泊運営しようと考えている物件が所在する都道府県です。私は茨城県に届け出を行いましたが、担当課は生活衛生課でした。

必要な書類については以下の記事で解説していますので、ご覧下さい。

【民泊】民泊新法って?ゲストハウスと違う?民泊の始め方と必要書類民泊をやってみたいけど実際どんなことを把握していればいいのだ……?準備するものってなんだ?外国人観光客の増加や、国内旅行者の嗜好の変化などの理由から「民泊」が注目されています。しかし「民泊」といっても、「旅館業法」「民泊新法」という異なる制度で分類されていますし、分かりにくいですよね。さらには「ゲストハウス」という言葉もよく耳にします。それぞれの違い、知っておきたいですよね!そこで、自宅の空き部屋を活用して、実際に民泊を始めた筆者が民泊の基礎知識について解説してみます。この記事では、民泊の種類、始めるにあたって知っておきたいこと、申請に必要な書類、をご紹介しています。これで、空き部屋を使って民泊が始められますよ~!...
【民泊】届出時の必須書類!消防法令適合通知書とは?貰い方は?「自宅の空き部屋などを活用して民泊を始めようと思っている!書類も準備し始めた!」そんなタイミングで必要書類に見たことのない文字が……。消防法令適合通知書って何だろう?どこでもらうんだ?耳慣れない言葉に戸惑いますよね!そこで、実際に民泊を始めた筆者がこの書類について解説します。この記事では、書類の概要、もらう場所、もらい方、などをご紹介しています。これで民泊届出に必要な「消防法令適合通知書」の用意はばっちりですよ~!...

【3】届出書類が揃ったら県庁へ提出しに行く

県庁へ提出しに行く前に、事前にお電話にてアポイントを取りました。担当者が決まっている場合もあるようですので、あらかじめ電話確認しておくと安心です。

当日やることは主に提出書類の確認でした。間違っているところはないか丁寧にご確認頂きました。30分弱で終了しました。

【4】県から承認書類が届くので中身を確認する

私たちの場合、県庁訪問してから承認書類が届くまで、ちょうど1週間でした。

封筒の中身はこんな感じです。

  • 「住宅宿泊事業届の受理について」
  • 「宿泊者名簿について」
  • 民泊の標識(ラミネート加工済み)
  • 「標識の掲示について」
  • 「ご近隣の皆様へ民泊サービス開始のお知らせ」
  • 「住宅宿泊事業の届出後に発生する事業者の主な責務について」
  • 「民泊制度運営システム利用等に関するお願い」
  • 「民泊制度運営システム利用申込方法」

※「」内は各お知らせの表題を記載しました。

【5】「民泊制度運営システム利用申込書」を郵送する

民泊を始めると、定期的に利用状況等を県へ報告する必要が出てきます。

その作業をオンライン上でできるようにするための書類を郵送で返信します。書き方は難しくありませんので、早めに提出してしまいましょう。

【6】「民泊制度運営システム利用申込」完了のお知らせをメールで受け取る

申込書を郵送してから約1週間で県の担当者からメールでご連絡がきました。

これで民泊を始めたのち、オンライン上で運営状況の定期報告をすることができるようになりました。ちなみに電波状況にない民泊運営者は紙ベースでの報告が必要になるそうです。

【7】「民泊制度運営システム」で各種登録を済ませる

システムを使い始めるにあたって、登録事項がいくつかあります。県の方から受信したメールにファイルが添付されていますので、活用しましょう。

見やすいように試しに印刷してみたのですが、1cm程の束になりました。結構な量があります。

【8】県から届いた標識を掲示し、近隣にお住まいの方へお知らせする

民泊を運営する場合、規定の標識を玄関先や家の門に掲示することになっています。【4】でもご紹介しましたが、標識は県から郵送で届きます。

また、近隣住人の方へ民泊サービスを開始する旨を周知しましょう。必要項目を書き入れるだけで済む様式が同封されていますので活用します。

【9】宿泊サイトairbnbに登録する

県から民泊運営の承認が下りると、登録番号を付与されます。これをもってairbnbにホストとして登録することができるようになります。

Airbnbの登録手順は画面に促されるように項目を埋めていけばよいだけです。あらかじめコンセプト等を作っておくといいと思います。

私たちのairbnbサイトはこんな感じです。画像をクリックしてみてください。airbnbのページへ移動します。

【10】宿泊者受け入れに向けてアメニティ等を用意する

ここまでできればあとは実際に宿泊者が来るのを待つだけです。

必要なアメニティ、寝具、周辺地図等を用意しておきましょう。

【その他】開業届/水質汚濁防止法に関する確認をする

もし民泊を個人事業として行いたい場合、税務署へ開業届を提出します。ただし税務署へ問合わせたところ、こちらは必須の作業ではないようです。

【民泊】個人事業主の開業届作成は無料のfreeeが簡単!手順と見本これから個人事業主として事業を進めていくにあたって、開業届を出したいタイミングってありますよね。そんな時、サクサクっと簡単に開業届を提出できたらいいですよね。そこでおすすめしたいのが、クラウド会計ソフトfreeeを使う方法です。freeeにはいくつか種類があって、今回ご紹介するのは「開業freee」と呼ばれる無料のサービスです。実際に筆者はこのサービスを使って開業届を提出し、無事最寄りの税務署に受理されました。とても簡単なのでおすすめです!この記事では、クラウド会計ソフトfreeeの簡単な説明、開業freeeを使って開業届を作成する操作手順(写真付き)、をご紹介しています。これで開業届も難なく作成できますよ!...

また、地域によっては「水質汚濁防止法における特定施設の届出」に該当するかしないか、確認する必要があります。私の地域は確認の必要があったため、県から指示された機関へ問合わせました。

【民泊】書き方例あり!水質汚濁防止法の特定施設の届出について民泊を運営する場合、書類を集めてお住まいの都道府県へ届け出て許可をもらう必要があります。県から許可がおりるといよいよ民泊運営が出来るようになるのですが、いくつかやっておかなければいけないことがあります。そのうちの一つが「水質汚濁防止法の特定施設」の届出です。言葉が難しくてなんじゃそりゃ?って感じですよね。そこで、実際に届出を済ませた筆者が図解しながら解説します!この記事では、水質汚濁防止法の特定施設の届出とは何か、書類提出の全体的な流れ、届出書類の書き方をご紹介しています。これで、厄介な書類もばっちり提出できるようになりますよ!...

まとめ

嬉しいさき
嬉しいさき
民泊を始めるまでの流れやスケジュール感がわかった!

ここまで民泊を検討~実際の受け入れまでに必要な手順をご紹介してきました。

もしご興味があれば、ぜひ私たちのお宿にも遊びに来てみてください。ではまた。

【宿泊予約】茨城・霞ヶ浦が見える古民家「湖畔の家ふくろう」私たちは茨城県の湖畔に建つ古民家で暮らしている夫婦です。ブログでは古民家生活のあれこれをお伝えしていますが、このたび、記事内でよく登場する古民家で民泊を始めることにしました。ゆったりと過ごせる静かな場所なので、お気軽にご利用頂ければと思います。もちろん私たちと直接話すこともできますので、もし古民家暮らしについて気になることがあれば気兼ねなく聞くこともできます。この記事では、民泊の詳細とご予約方法をご紹介しています。...
ABOUT ME
アバター
さき
▼湖畔の古民家在住 ▼古民家暮らしを検討した際、心配性の不安を満たす情報が少なかったことから、自ら生活のリアルを伝えようとサイトを作成 ▼自然との触れ合いが生きがい/エコピープル ▼2級ファイナンシャル・プランニング技能士(AFP)/宅地建物取引士
宿泊情報

こちらもおすすめ