庭・畑

【庭】焚き火で焼き芋!新聞紙なしでの美味しい作り方とコツ

困ったそうしゅう
困ったそうしゅう
焚き火で美味しい焼き芋ってできるの?どうやるの?

ゴーゴーと燃えさかる焚き火を見ると、焼き芋を作りたくなってきますよね。直火で焼いた焼き芋はとても美味しく、感動できるものです。

ということで、頻繁に焼き芋を作っている筆者ら夫婦が、コツが分かれば失敗知らずの作り方を解説します!

ポイントは新聞紙を使わず、キッチンペーパーを使う点です。分かりやすいようにたくさんの写真を掲載しています。

この記事では、準備するもの、作り方(手順とコツ)、完成した焼き芋の様子、をご紹介しています。

これで、あつあつほくほくの焼き芋が作れるようになりますよ!

準備するもの

まずは必要になるものを集めましょう。

  • サツマイモ…太くて長いもの(25cm程度が理想)
  • キッチンペーパー…1本につき3~4枚
  • アルミホイル…1本につき50cm×2枚
  • …キッチンペーパーに浸み込ませるため

必須ではありませんが、あると便利な道具は以下です。

  • 長めのトング…100円ショップでも買えます
  • おぼん…出来立ての焼き芋は熱いので使います
  • 軍手…芋が焼けたか手で握って確認できます
  • サランラップ…保存用に使えます

ちなみにサツマイモを持った時にとても熱いので、軍手は厚手タイプがおすすめです。

ここまで準備ができたら、さっそく作っていきましょう!

※この記事では、火の起こし方は説明しません。各自で焚き火のご用意はお願いします。

作り方(手順とコツ)

【1】サツマイモを洗って先端を切る

丁寧に洗うことで、完成した時に皮ごとパクつくことができます。サツマイモは実と皮の間にも栄養があるらしいので、ぜひ皮も食べたいですね。

【2】キッチンペーパーにたっぷりの水を吸わせて包む

サツマイモ1本につき大体3~4枚のキッチンペーパーを用意します。たっぷりの水で濡らして、ぐるっとさせるように包みます。

この時、水がボタボタしたたるくらい濡らすことがポイントです!しっとりした焼き芋に仕上がります。焦げすぎ防止にも役立ちます。

【3】アルミホイルでギュッと包む(※1回目)

濡らしたキッチンペーパーに包んだサツマイモを、さらにアルミホイルで包みます。アルミホイルはケチらず大胆に使いましょう。40~50cmくらい長いと安心です。

包んだ時にしっかりギュッと握ります。こうすることで、ホイル内の空気が抜けて、より上手な蒸し焼きになります!

キッチンペーパーから水があふれても気にせずOKです。

【4】もう一度アルミホイルで丁寧に包む(※2回目)

つまりアルミホイルは二重にするということですね。

これは結構ミソです。些細なことに思えますが、とても重要な作業です。アルミホイルは二重にしましょう!

二重にすることで、焚き火で作った焼き芋独特の「煙たい味」がサツマイモに付きにくくなります。

「ほどよくワイルドな味」程度に収まってくれるので、アルミ二重の作業は必須です。

ここまでで下準備は完了です!いよいよ火に投入します。

【5】焚き火へ放り込み30分程度おく

時間については、各自の条件や環境によって異なると思います。

例えば……

  • 被せる灰の量
  • サツマイモの大きさ
  • 焚き火の火力

などが挙げられます。

語るそうしゅう
語るそうしゅう
うちでは焦げにくいように、サツマイモは太くて大きめのを使うよ!

火力は、竹を燃料にすることが多いから高火力だよ!

【6】アルミホイルの上から柔らかさを確認する

焼けているかどうか、手で握って確認します。しっかり軍手をして、指先でつまんでみて、柔らかく感じられたらOKです。

感覚的には「このまま握りつぶせるんじゃないか」のような柔らかさになっています。

ただ、表面が焦げていたら硬くなっているから注意します。まだの場合は追加しながら様子を見ましょう。

語るあき
語るあき
これは感覚を伝えるのが難しいんだけど……とにかく握ってみて「生焼けor焼けている」を判断するよ!

熱いから気を付けて!

【7】アルミホイルとキッチンペーパーを剥がす

ここまでできたらもう完成です。

キッチンペーパーは焦げてはいますが、燃えて無くなったりはしていません。

新聞紙だと燃えて消えていることがあるので、やはりキッチンペーパーがおすすめです。サツマイモにもちょうどいい感じで焦げが付いてくれます。

完成した焼き芋の様子

完成した焼き芋はこちらです!

うまく透き通った黄色が出て、綺麗にできました。

お味も抜群に美味しいです。甘くて思わずニヤニヤしてしまうかも。

ふわっと焚き火の香りが付いているのも特徴的です。程よく残った焦げもパリパリして、カラメルソースのような味でアクセントになります。

キッチンペーパーに水をたっぷり含ませることで、しっかりと蒸し焼きになっているので、サツマイモが驚くほどしっとりしています。

舌触りが良すぎて、大きな焼き芋も1本ペロッといけてしまうほどです……!食べすぎ注意!やっぱりできたてが一番ですね。

いろいろな品種のサツマイモを用意して、食べ比べてみるのも面白いですよ。私たちもいろいろと試しています(以下参照)。

  • 紅はるか(しっとり系)
  • シルクスイート(しっとり系)
  • あいこまち(中間)
  • 紅まさり(中間)
  • すずほっくり(ほくほく系)
  • 紅あずま(ほくほく系)
  • ハロウィンスイート(オレンジ色)
  • パープルスイートロード(ムラサキ色)

……などなど

結構品種によって仕上がりも変わってきますので、サツマイモを選ぶときも気にしてみて下さい。

まとめ

幸せなそうしゅう
幸せなそうしゅう
焚き火で作った焼き芋めちゃくちゃ美味しい!

ここまで、焚き火を使った焼き芋の作り方についてご紹介してきました。ほんのりワイルドな香りがついた焼き芋は、アウトドアならではの贅沢なお味ですね。ではまた。

こちらもおすすめ