掃除・手入れ

【手入れ】これが現実!マンション→古民家暮らしで増えた家事

気になるさき
気になるさき
古民家暮らしに憧れるけど、家事って大変になったりするのかな~?

憧れの古民家暮らしを検討しているけれど、実際の生活がイメージしにくい!現実を知りたい!という方に向けて、マンション暮らしの頃から増えたと感じる家事を実体験に即してご紹介します。

敷地面積約900坪ある古民家で生活をおくる筆者が本音を正直に書いています。

これで古民家暮らしの心構えや覚悟ができますよ~!

※単なる体験談です。古民家の立地、地域によって差がありますので、参考程度におねがいします。

掃除

掃除機をかける範囲が増えた

単純に部屋数が増えたこと、家の広さがあること、縁側があること、などが理由で掃除機をかけるのが大変になりました。

マンション暮らしの時は、30分もあればお手洗いや洗面所も含め、全部の部屋がピカピカになりましたが、古民家ではそうもいきません。

うちでは掃除機をかけるのは大変すぎるということで、ロボット掃除機(アイライフ)を導入しています。勝手に働いてくれるので、重宝しています。

【掃除】家事を減らしたい人必見!ロボット掃除機アイライフとは「広い家ってどうしてこんなに掃除機かけるのが大変なんだ!」古民家に引越して間もない頃、こんな風に思っていました。なんせ広さがあるのでとにかく時間がかかります。そこで我が家に迎え入れたのが、ロボット掃除機!実際に使い始めてみて、ロボット掃除機は想像以上に優秀ということがわかりました。勝手に働いてくれ、細かなゴミもきちんと拾ってくれます。この記事では、ロボット掃除機・アイライフ(ILIFE V3s Pro)を愛用している筆者が、使い方、使い心地、掃除の成果などをご紹介しています。これで広いおうちのお掃除もラクになりますよ~!...

玄関・土間に砂ぼこりが溜まる

マンションと違って玄関のすぐ外がワイルドな庭なので、砂や葉が入り込んできます。こまめに掃き掃除の必要があります。

雨天の翌日も靴にくっついた泥や葉が玄関で乾くので、同じことが起きます。

洗濯

洗濯機→干す場所までが遠くなった

平屋建ての家の宿命だと思いますが、洗濯機から干す場所までが単純に遠くなりました

それによって、洗濯物を干す時間、取り込む時間が以前より多く必要になりました。

雨の日はコインランドリーが必要になった

古民家暮らしを始めてびっくりしたのですが、雨の日の室内干しはまったく乾きません。洗濯したての状態のまま数時間が経ってしまいます。

そのため、雨の日は洗濯をしないorコインランドリーに持参するようになりました。お天気予報にも敏感になります。晴天万歳!

ゴミ捨て

地域のゴミ捨て場に歩いていけなくなった

マンション暮らしだとマンション共有のゴミ捨て場がありますよね。戸建て住宅だと、自宅付近の地域のゴミ捨て場に持っていくのが通常かと思います。

わたしの住んでいる地域だと、ゴミ捨て場まで徒歩で行けません。わざわざ車を出す必要があります。ゴミ捨てに時間がかかるなんて……!

【言葉の定義】田舎・地方とは?ブログ運営者の生活基盤を紹介田舎とか地方って具体的にどういう場所のことを指すの?定義があるの?ブログ内でたびたび登場する「田舎」や「地方」という言葉。どちらも幅広い意味で捉えることができると思いますが、実際は具体的な言葉の定義があるのでしょうか?気になりますよね。そこで、いわゆる田舎や地方と呼ばれる地域に住む筆者が解説します。この記事では、田舎の定義、地方の定義、筆者が住む地域の様子をご紹介しています。これで「田舎」「地方」という言葉の使い方や意味が分かるようになりますよ!...

市営のゴミ集積所へ直接搬入することが増えた

自宅から一番近いはずの「地域のゴミ捨て場」へ行くのにわざわざ車を出すくらいならと、市営のゴミ集積所へ直接搬入することが多くなりました。

ゴミ捨てが気軽にできていたマンション時代が懐かしいです。

ゴミを運びやすいよう綺麗にまとめるようになった

気軽にゴミを捨てられないので、臭い防止、虫防止のため、綺麗にまとめるようになりました。

ゴミ袋を重ねたり、丁寧に結んだりと工夫しています。ちょっとしたことに思えますが、なかなか気を使います。

生ゴミをコンポストまで運ぶようになった

田舎暮らしのいいところは、生ごみをコンポストに捨てて、肥料として再利用できる点です。

ですが、もちろん毎日出る生ごみをコンポストが置いてある庭まで運ばないといけません。小さなことじゃん!と感じるかもですが、毎日のことだと立派なタスクになってしまいます。

【補助金】生ごみ処理容器(コンポスト)を購入したら半額補助に生ごみを家庭内でポイポイ捨てることができるコンポストが便利です。我が家は引越しと同時に、コンポスト生活をスタートさせました。生ごみが減り、かつ畑をやる場合には肥料へと変身してくれて大変便利です。しかも市町村によっては購入費用について補助金制度があります。場合によっては半額補助もあり得るオトクな制度。詳しく知りたいですよね!そこで実際に補助金をもらった筆者がその時の様子を解説します。この記事では、茨城県行方市での手続きを一例にとって、対象になるコンポストの種類、申請方法、実際の入金金額をご紹介しています。これで生ごみ処理容器(コンポスト)の補助金制度を理解することができます!...

庭の手入れ

落ち葉あつめ

個人的な話になりますが、うちにはツバキの木が何本もあって、3月中は花びらが毎日大量に道路に落下していました。ご近所さんは季節の風物だよと言っていましたが、やはり気になりました。

落ち葉あつめは地味ですが、時間と体力を使います。

雑草抜き・草刈り

敷地の道路沿いに生えている雑草は、地域住民の目が気になるので抜くのがベストです。

気温が高くなっていくにつれて、庭、道路沿いの雑草が増えていきます。

【庭】電動・エンジン?刃は?プロから教わった刈払機の選び方庭のお手入れのため刈払機を買うことを決めても、どんな基準で選んだらいいのか全く分からないですよね。そこで、その道のプロから教わった、刈払機の選び方を解説していきます!実は近所のホームセンターに何でも相談に乗ってくれるベテラン店員さんが一人いて、この方にお話しを伺ってみました。この記事では、電動タイプとエンジンタイプの違いや特徴、チップソーとナイロンコードの使い分け、購入時に注意するポイントなどをご紹介しています。これでどんな刈払機を買ったらいいのか、迷わなくなりますよ~!...

庭木の剪定・メンテナンス

などの成長がはやい植物は、早めに剪定してあげると、後々手入れがラクになります。

ちなみに我が家では3,4月になるとタケノコが出てくるため、タケノコ掘りと処理にも時間を費やします。

【庭】春の風物詩!タケノコの掘り方は?簡単なアク抜きの方法は?春になると竹林に生えてくるタケノコ。我が家には少しばかりの竹やぶがあり、3月中旬から顔を出し始めたので、せっせと収穫しています。収穫と言っても雑草抜きと同じで、新たな竹を生やさないための対策です。そんなタケノコを思う存分掘りたいですよね。上手な掘り方ってないものかと気になります。しかもタケノコのアク抜き作業ってなんだか難しそうと思いませんか?そこで、実際に筆者が試してこれはよかったなと思う方法を解説します。この記事では、タケノコの掘り方、アク抜きのための下処理、実際のアク抜き方法、をご紹介しています。これで春にはタケノコを心行くまで楽しめるようになりますよ!...

虫除け対策

ムカデ

ムカデが出やすい春先は、庭や自宅にムカデ除けを設置します。効果が薄れたら取り替えます。

【虫除け対策】古民家で行いたい虫対策とおすすめ虫除けグッズ古民家暮らしは自然と近い暮らし方です。良くも悪くも内と外の境目が曖昧なので、虫と遭遇することが多々あります。特に気温が高めの3~10月頃までは生き物が活発です。虫、どうにかしたいと思いませんか?おすすめのグッズもあったら活用したいですよね。そこで、実際に我が家で取り入れている虫除け対策をご紹介します。この記事ではよく出る虫ごとに分けて対策の心構え、対策グッズ、を解説しています。大したことは全然やっていませんが、逆にこれくらいの対策で大丈夫なんだな~と感じてもらえたら嬉しいです。これできっと大量の虫に悩まず暮らせるようになりますよ!...

ハエ

3月~11月はハエが多いので、ハエ対策をします。お酢や砂糖を使って、手作りのハエ取りなんかも活用します。

スズメバチ

4月頃~縁側や軒先にスズメバチがやってきます。巣を作らないように殺虫剤や虫よけネットで対応します。

蚊がいないのは真冬の12~2月くらいで、蚊の対策が必要です。といっても蚊取り線香を絶やさず付けておくだけですが。

【虫除け対策】金鳥・蚊取り線香「ローズの香り」が上品でおすすめ虫が多い田舎暮らしに蚊取り線香は必須。でもその臭いが強烈で24時間焚いているのは結構ツライ!そこで蚊取り線香の元祖・金鳥から発売されている「ローズの香り」を試してみました。パッケージには煙の刺激が少ない(当社比)天然ローズオイル配合と記載されています。結論をお伝えすると「ローズの香り」とってもいいです!蚊取り線香とは思えない上品な香りで、ものすごくおすすめです。この記事では「ローズの香り」を使ってみた感想、従来の蚊取り線香との比較、蚊取り線香の老舗・金鳥の気になる歴史を解説しています。これで蚊取り線香のキツイ臭いに悩まなくなるはずです!...

ゴキブリ

年に一度、コンバットを置きます。冬場はそう多くはないので、夏場を念入りに注意します。

【虫除け対策】塩とハッカ油が効く!手作りしたいゴキブリ除け冬が終わったとたん元気になる虫たち。ゴキブリも例外ではありません。しかも突然さささーっと現れる黒い姿に驚きますよね。心臓に悪いし、なんとかしたい!そこで考えたのが、塩とハッカ油を使ってゴキブリを家に寄せ付けない方法です。この方法を取ってから、毎晩のように現れていた彼らがパタッと姿を見せなくなりました。効果実証済みです。この記事では、簡単に家で手作りできる「ゴキブリよけアイテム」と、「ゴキブリよけスプレー」の作り方・使い方をご紹介しています。これでゴキブリ対策は万全ですよ~!...

カーテン

カーテンの開け閉めに時間がかかるようになった

縁側沿いにずっとカーテンをかけているので、毎朝夕と開け閉めにエネルギーを使います。

枚数で言うと、幅100cmのカーテンを10枚使っています。レースカーテンも合わせると20枚です。面倒なので、レースカーテンは気まぐれで開けたい部分だけを開けています。

買い物

お店が遠くなった

マンション時代は徒歩圏内にスーパーがあり、そこで買い物できていましたが、そうもいかなくなりました。

洗車

車が汚れやすくなった

特に雨の日はが跳ね返ったりと、車が汚れやすくなります。これは車庫をつくることである程度カバーできるのかな、と思っています。

まとめ

理解したさき
理解したさき
マンション暮らしから古民家暮らしへ切り替えると、やることがこんなに増えるんだな~!

ここまで実体験をもとに、増えたと思う家事をご紹介してきました。

古民家暮らしを検討している人は、時間にゆとりを持って生活できるといいと思います~。ではまた。

ABOUT ME
アバター
さき
▼湖畔の古民家在住 ▼古民家暮らしを検討した際、心配性の不安を満たす情報が少なかったことから、自ら生活のリアルを伝えようとサイトを作成 ▼自然との触れ合いが生きがい/エコピープル ▼2級ファイナンシャル・プランニング技能士(AFP)/宅地建物取引士
宿泊情報