結婚旅行

こんな場所もありなのか!ちょっと変わったフォトウェディングスポット5選

この記事の概要

最近流行のフォトウェディングとは、式をせずにウェディングドレスとタキシード姿を写真にだけ残す結婚式のかたちです。そんなフォトウェディングを全国複数か所で行った筆者がちょっと珍しいスポットを厳選して、5か所ご紹介します。カメラマンさんの他、自分たちで撮影したものも含まれますので、スナップ写真感が滲み出ているものも多いですが、ご容赦下さい。これからフォトウェディングを検討されている方の参考になりますように!

銭湯 おすすめ度★★★★★

(撮影者:プロカメラマンに依頼)

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 81fee77a4586e83efd9620dfb8dbe185.jpg です

東京都足立区内にある銭湯で撮影をして頂きました。町中にある小さな銭湯です。床のタイルや壁がピンク基調で華やかな内装となっており、白いドレスとタキシードが映えました。

「かっちりしたイメージのドレスとタキシード」が、「ゆるっとしたリラックス空間の銭湯」と合わさり、新しいフォトウェディングの可能性を感じます。

ちなみに撮影が行われたのは7月。足元は銭湯らしさを出すため、裸足です。真夏の暑い日でしたので、汗びっしょりになりながらの撮影でした!銭湯は夜の営業に向けて日中からお湯を張っておくので、浴槽に近づくともくもくと湯気が上がります。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は c44019e7be4a43d2b23e422d6dedcb3d.jpg です

タキシードは長袖なので、特に暑かったようです。銭湯での撮影は、暑かったこと以外は楽しい!しかありませんでした。ぜひお気に入りの銭湯を見つけて、ご主人に交渉してみて下さいね。

ちなみにこちらで撮影頂いた写真は、足立区発フリーペーパー「銭湯といえば足立」の63号(2017年10月発行)表紙としてご利用頂きました。

お茶畑 おすすめ度★★★★☆

(撮影者:知人の農家さんに依頼)

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は e19e7aa08cabf15c28d90fa5f17b2efa.jpg です

静岡県掛川市のお茶畑で撮影をして頂きました。筆者が訪問したのは8月下旬。お茶畑が青々として緑が美しく映える季節です。

お茶畑をフォトウェディングスポットとしておすすめしたいのは、白い衣装にバッチリ映えるから!です。特に晴天の日が狙い目です。爽やかなお茶の葉、青い空、白い新郎新婦。三拍子が揃うととても美しい空間となります。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 7b46c0333ea57d884b435919e5511caa.jpg です

また、お茶畑はたくさん楽しいことができます。例えば、結婚式でお馴染みの「フラワーシャワー」ならぬ「お茶の葉シャワー」。お茶の葉を散らして撮影してみましょう。フラワーシャワーと同じくらいに幸せな気持ちになりますよ!

続いてお茶の葉アクセサリーです。耳に差したり、胸ポケットに入れてみたりと幅広く楽しむことができます。お茶畑フォトウェディングは、楽しみ方が無限大です。

ただし、お茶畑は畑です。多少汚れることを覚悟し、気を付けて訪問しましょう。もちろん生産者さんの畑に勝手に入るのもNGです。事前に知人の農家さん等に相談してみましょう!

商店街(洋装)おすすめ度★★★★☆

(撮影者:プロカメラマンに依頼)

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 170904AkioSaki_0221.jpg です

京都の商店街で撮影をして頂きました。午前中の訪問でしたので、人通りはまだ少なめで、恥ずかしさも免れます。ですがさすがに商店街をドレスとタキシードを着て歩きながら撮影をしている訳ですから、お店によっては変な顔をされた瞬間もあります…。

しかし!そんなことを思っていたのも束の間。ほとんどのお店&店員さんからは「おめでとう!!」と声を掛けて頂きました。結婚とは「おめでたいこと」の象徴のようで、みなさま笑顔になって下さいました。

お漬物屋さんでは、きゅうりの糠漬けを購入し、食べ歩きし、ご主人と一緒に撮影までさせて頂きました。

眼鏡屋さんも同様です。色々なメガネをかけさせて頂いて、オーナーご夫妻と一緒に撮影です。こちらでは眼鏡ケースを購入させて頂きました。お世話になった分、お金を落としていくのはマナーかもしれませんね。

パン屋さんで購入したパンは、ものすごく美味しそうで、ブランチになりました。食べている瞬間も撮影下さったのですが、まるで結婚式の「ファーストバイト」のショットのようになりました。

どんなネタが転がっているかわからないのが、商店街でのフォトウェディングの魅力です。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 170904AkioSaki_0084.jpg です

食べ歩きの際は、お洋服が汚れてしまわないよう、ご注意下さい!また、商店街のお店は狭いことが多いので、ドレスだと多少歩きづらいかもしれません。その場合はスニーカーを利用するなど足元を工夫するのがおすすめです。

ウェディングドレスにスニーカー?と思われるかもしれませんが、小栗旬と結婚した山田優は、お二人の結婚式でスニーカーを着用しています。いろいろなオシャレの形がありますね~。

商店街(和装)おすすめ度★★★☆☆

(撮影者:自撮り&通行人に依頼)

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 3fe7846dfa8e0861b22c5d130c3ebc1d.jpg です

岡山県倉敷市の商店街で和装をしました。和装といっても簡単なレンタル着物です。当日借りて、当日返却が可能な観光客向けのサービスです。レンタルショップは町中に多数ありますので、事前に場所を確認の上、訪問してみましょう。

たくさんのお着物のなかからお気に入りの一着を選べるので、とても楽しいです。注意点は金額によって選べるお着物が変わることです。

着付けはお店の型が丁寧に行ってくださいますので、ご安心下さい。髪型も好きなヘアスタイルにアレンジしてくださいます。

ただし、和装は腹部をきつく縛るので、長時間着用しているとだんだん辛くなってきます。(特に女性。)数時間のみさくっと着用し、撮影も簡単に済ませてしまうことをおすすめします。

お城 おすすめ度★★★☆☆

(撮影者:知人に依頼)

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は bebb8a541da2b08fbc7889defebe3a3b.jpg です

郡上八幡城で撮影をして頂きました。郡上八幡城は、岐阜県郡上市に位置しています。水の町として栄え、自然と文化が融合した素敵な町です。

夏のよい時期でしたが、夕方の人がはけた時間帯に訪問したため、ほとんど人がおらず、ゆったりとお城を見学することができました。筆者はこちらのお城で、観光がてら知人に撮影をお願いしました。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は c624a5362a14a4f148c41a23ddc69523.jpg です

吹き抜けの階段、窓際、外苑等、おもむきのある場所が多く魅力的なお城です。日本のお城と洋装という珍しいコラボレーションも面白いのではないでしょうか。

ただし、お城は階段が多いため、上り下りでは注意する必要があります!転ばないようお気を付けください。

小道 おすすめ度★★★☆☆

(撮影者:プロカメラマンに依頼)

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は dbac178bb7e140d7708827c06cc7a88b.jpg です

上記と同じく、岐阜県郡上八幡市「やなか水のこみち」と呼ばれるスポットにて撮影して頂きました。

味わい深い古風な小道となっています。小さな川も流れレトロな雰囲気を感じることができます。

また、京都では「蹴上クランクイン」と呼ばれるかつての線路にて撮影をして頂きました。こちらは、現在は使用されていない線路脇に、木々がきれいに植わっているスポットです。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 170904AkioSaki_0139.jpg です

今回は二つの「道」をご紹介しました。全国どこでも街中を散策していれば「道」はありますので、自分たちにしか見つけることができない、おしゃれな道を見つけたらそれはチャンスです!ぜひ道フォトウェディング、楽しんでみて下さい。

※撮影場所について、具体的に聞いてみたい!どうやってアポとったの?という方はお問合せフォームよりご連絡いただければと思います。可能な限りお答えします。

さき
さき
新婦さきです。

1990年9月生まれ。神奈川県出身。このサイトを運営してる人。

人生選択の積み重ねを振り返ったことを機に、より家族愛を大事にした生き方をしたいと思うようになる。

たくさんの人たちに、目の前にいる人や目の前に転がっている現在を愛して欲しいと思っている。